HOME > コスメアイテム使い方講座 > コットンパック

コットンパック

コットンパック 1ヶ月ほど毎日続けていると、お肌の透明感に違いがでてきます。
特に、お風呂の中で行うと、いっそう効果的です!

コットンパックと言えば、やはりこの方!
その美容法の実践ブログ等はこちら!

Step1

普段通りに洗顔します。

Step2

フェイスパック用こっとん紙を、お顔の気になる個所の形に合わせて、切り抜きます。
(額や頬には、そのままお使いいただけます。)
目元口元用こっとん紙リップパック用こっとん紙は、切り抜かず、そのままご使用いただけます。

Step3

こっとん紙の毛羽面に、お手持ちの美容液や化粧水(まゆサックで作る手づくりシルク化粧水もOK)を、たっぷりしみ込ませます。
*リップクリームを使ってリップパックをされる場合は、まずリップクリームを唇に塗ってください。

Step4

顔の、気になる個所に(3)の毛羽面を貼り、10分程度パックします。
目元口元用こっとん紙は、できるだけフィットする向きにして、目元、口元に充ててください。
リップパック用こっとん紙は、唇に充ててください。
*リップクリームを唇に塗った後、リップパック用こっとん紙を使う場合は、コーティング面を唇に充ててください。

お肌とクリアコート層との間がスチーム状態になり、毛穴が開きますので、こっとん紙に含ませた化粧水や美容液が、お肌にとても浸透しやすくなります。

お使いの化粧品、ご使用環境によって差異があります。
乾いたこっとん紙は肌の水分を吸収しますので、パックのしすぎにはご注意ください。

Step5

こっとん紙を顔から剥がしてください。

Step6

普段通りのお手入れを行ってください。
お顔のパック後は、お肌の水分を閉じ込めるため、乳液かクリームでフタをすることをおススメします。

なお、一度ご使用になられた こっとん紙の再使用はしないでください。

コットンパック使用イメージコットンパック用こっとん紙使用イメージ

コットンパック用こっとん紙

コットンパック用こっとん紙こっとん紙は、含ませたパック液(化粧水など)が、しみ抜けて蒸発してしまわないように、、裏面にコーティングが施してある、紙製パック用シートです。
含ませた化粧水などが蒸発しにくいため、一般的なコットンパックの約3倍の時間をかけて、じっくり、お手軽に「ラップパック」ができます。
しかも毛羽立ちにくいので、普通のコットンの「ちくちく感」が苦手な敏感肌の方にも最適です。

コットンパック用こっとん紙

目元口元パック用こっとん紙

リップパック用こっとん紙

お問い合わせはお気軽に
加美屋へのお問い合わせは、いつでもお気軽にどうぞ。
お問い合わせ 0120-026-669 お問い合わせ
特定商取引法に基づく表記 プライバシーポリシー リンク 過去のお知らせはこちら プチギフト、OEM、PB、販促(SP)、卸